トップ 差分 一覧 Farm ソース 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Diary/2005-07-07

[エロゲー]お笑いヒントコーナー

 それはそうなんだけれど、これだけだとちょっと言及が足りないかなと思います。

 iteさんが言ってるように、痕のヒントコーナーはすでにかなり「教えて! 知恵留先生」に近い形式を備えていて、それはなかなかの攻略難度を持つ痕には必要な機能だったし、システム上避け得ないバッドエンドでプレイヤーの気力を萎えさせないためのエサであるのもご指摘の通りだと思います。

 しかし、月姫ではバッドエンドを見る必要がないし、攻略難度も痕に比べればずっと低いです。すると「痕マスター」的な、コレクションアイテムのような意味合いが浮上してきます。痕の時代には推理ゲームが隆盛を誇っていたことも踏まえられるべきでしょう。当然月姫の前にはToHeartもKanonもあって、強力な影響力を持っていたわけです。ゲーム性、インタラクティビリティがエロゲーの主流から抜け落ちていく中で、「教えて! 知恵留先生」はインタラクティビリティ無視の選択肢総当たりプレイにまた別種のインタラクティビリティを与え正当化する効果がありました。これはFateになればいっそう自明で、タイガースタンプ導入によりバッドエンドが完全なコレクションアイテムと化し、幻のタイガー道場を見るための「攻略」というようなものが半ば正式にゲームの中に組み込まれたわけです。
 翻って痕は、バッドエンドを見なければクリアに必要な選択肢が出ないというシステムによって強制的に「最適でない」ルートを踏ませているわけで、ある意味では分岐していないという考え方もできます。ことバッドエンドの扱いに関してはインタラクティビリティに欠ける作りなのです。むろん、全体的には攻略要素は痕のほうが強く、より「ゲーム的」なのですが。

 シナリオゲームにおけるゲーム性と物語の相克はほとんど宿命的な問題で、例えば「腕のいい」プレイヤーであれば、初回プレイから最適な選択肢を選びあらゆるバッドエンドを素通りしてエンディングに辿り付く事ができてしまいます。
 ここで「最適な」シナリオ以外も見てもらおうと思えば、例えばバッドエンドでしか見られない一枚絵を用意するなり、フローチャートのようなものを作成して埋めさせるなりという手段があるわけですが、これも突き詰めれば選択肢総当たりプレイに行き着きます。考えてみればTYPE-MOONの用意した回答は実にスマートなのです。このシステムはAVG慣れしたプレイヤーに対し、例えば「ここで選ぶと即死する選択肢はどれか?」というような、RPGで宝箱(つまりボスに通じていない道)を探すような楽しみを提供しえます。単にバッドエンドが楽しいというよりはそこに攻略が発生することが重要で、シナリオをAVG的に「解く」ことが、結果的に選択肢総当たりプレイと全テキスト通読に繋がるわけです。「シナリオゲーム」として非常に優れていると言えるでしょう。

 どこまで意図的だったかは分からないですが、こうして「シナリオゲーム」のゲームとしての生来的な矛盾を解消とは言わないまでも緩和できるような手を打ってくるあたり、非常にエンターティナーとしてのセンスとプロ根性を感じます。しかし、「膨大なテキストを全て読ませる」というきのこスタイルのシナリオライターは未だ他に見たことがありませんね。silfluさんなら心当たりありますかね?

[雑談]何このトラックバック('A`)

 「月姫とひぐらしに続くのはどこだ?」のほうに打とうとしたけど無理だった。うじゅー(げっ歯類風)。

[]今日のお絵描き

ファイルが存在しません。
 東方の霊夢さん。線画の時点ではなんだかマジに巫女っぽくてアレだったんですが、塗ったらいい感じにパチくさくなりました。でも実は後ろ髪忘れてる。

[news]今日のニュース

色々とお待たせしまた。(きのこ)(TYPE-MOONオフィシャルホームページ
ま、何はともあれ。『Fate/hollow ataraxia』は秋発売を予定、だそうな。
ケーキのレシピこそ我が墓碑銘……
うおお、すげえカッコいい。ケーキと共に生き、ケーキと共に死す。
ツンデレ・サンクチュアリ(オトウフ/マテリアル
まさに聖域! 個人的にはストロング委員長スタイルの最上段左から3番目の委員長を推したい。
時速160キロで走るポルシェの上に小型機が着陸
リアル『D-LIVE!』ですか?
ARIAの灯里さん(Spicy*Lovesoup
みょーにドキドキする。しかしバナーなんとかなんないスか。お顔が見えねー。

[アニメ]舞-HiMEの悪趣味なオチについて

 昨日ちらっと触れたところでタイミングよく栖哩さんから言及が

 ええっとですね、伏線はなかったかと思います。ですが、昨日言ったように「これはこういう遊びなんだからね? 分かってるっしょ?」的な遠回しな空気作りはありました。端的には25話ですかね。クライマックス目前、シナリオ的に否応なく盛り上がる回で演出も冴え、緊張感溢れる展開であの悪ふざけ。釣られた俺がいうのもなんですけど、やっぱり釣られたほうが悪いっていう面はありますね。そこのところを読めた人はしっかり楽しめたでしょう。

  • 自分の記事に捕捉をすると、広江氏もラストに「エー」となっているのですが、商業的にはアリなのだろう、という発言のあとに私の引用した事を言ってます。 - 栖哩 (2005年07月09日 00時16分29秒)
  • 商業的に、商業的にか。読んでみますかね。あと、俺もいちおう補足しておきますけど、舞-HiME面白いですから。たまにどうしようもなく神経を逆撫でされることがありますが。 - もりやん (2005年07月09日 07時41分21秒)

※スパム対策のためコメント欄を取り外しています

きゃっと・ふぃすと