トップ 差分 一覧 Farm ソース 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Diary/2005-10-4

[特撮]響鬼30話以降やっと観た

 絶望を味わった。

 30話での監督交代を踏まえると、それ以前の数話に残された「遺言」が見える。そしてその「遺言」が踏みにじられる様もよく分かる。

 「恋する鰹」。
 カツオかよ!というタイトル時点での寒さをさておいても、監督交代後5話でも最低の脚本に怖気が走ったね。アームドセイバーはいいよ。許そう。人気がなかったんならしょうがない。こういう派手で分かりやすいののほうが子供に受けるのかもわからん。カツオも許そう。いつからスーパーヒーロータイムはバラエティになったのかと思うが、こういう下らないのが子供に受けるのかも分からん。しかし何だこのヒビキの台詞は。これは許されんぞ。俺は許さん。少なくとも人気取りにはなってないだろ。どうしてそういうところでメッセージ性をねじ曲げるんだ。俺は、悲しい。悲しいよ。

[雑談]のまネコ商標、両方取り下げ

 なんかキター。
 またこりゃどうしょうもねえオチだなオイ('A`)
(追記)
ITmediaニュース:「のまネコ」図形商標出願を取り下げ
 「米酒」は取り下げるけど「のまネコ」は取り下げない。
 もうね('A`) ワケワカラナス。

[雑談]続々・のまネコ騒動

 完全に高橋直樹さんへのレスになってるっちゃ。

模倣にリスペクトは必要か?

 確かに必要ないと思います。俺オレンジレンジ嫌いじゃないしな。村上隆にしても、彼は「オタクになれなかった」と言ってるくらいなので(確か)ヲタコミュニティの外部の人間ではあるわけです。彼はヲタ文化に対するリスペクトを表明していると思うけど、ヲタ文化のエッセンスを本来の文脈から切り出してアートの文脈に乗せている。『東大オタク学講座』でも言ってることですね。それゆえにヲタからはわりとバキバキに嫌われてるわけで、それはリスクでしょう。商標取り下げがどういう意図で行われたのかはavexの中の人じゃないので分かりようがないところだけど、もし企画段階でねらへのアプローチを考えていて、そこに嫌われたからという意味での撤退であるのならやはり甘すぎると思う。一般層にアプローチするからねらにいくら嫌われたっていいもんねーということならそれはそれで筋が通っている。オレンジレンジがヒップホップだのロックだのレゲエだのと切り離された層にリーチして商売が成り立っているように。

 『恋のマイアヒ』とのまネコがどういった客層を想定していたのかは分からないけど、そこでどうしようもなく2chのド真ん中にナパームぶち込む結果になってしまったのはやっぱりパロでもコラでもないからでしょう。2chを2chのままに、しかも文脈から切り離して、その上まったく別の文脈に乗せられないんじゃあ叩き潰されてもしょうがない。村上隆のような華麗な改変には絶対に生きる余地がある。
 そういう、コミュニティの垣根を越えて逍遥できる自由さは、ちゃんとセンスのある人が持てばいいんじゃないかなあ。それができる環境があるかというのは今回の件で疑問視されるところかもしれないけど、受け手の側に受容されないならそれは仕方のないことだし、avexとわたさんの関係で考えれば、avexがきちんとお膳立てができなかったということに他ならないわけで。議論と切り離してって言われてるのにくっつけちゃいますが、アーティスト⇔受け手の対立の構図でavexをアーティスト側に入れるのは違う気が。そこにパロでもコラでもあればこんな問題にはならなかったはず。

 まあ2chの側にどれだけリスペクトがあったかってのは怪しい話なんですけどね。「ねら」はアーティストのような主体ではないし、そのリスペクトの形は自ずから違ったものになると思うし。ただ、俺はビジネスとして成り立つかという観点で喋ってるので、「2ch」に悪い面があるのは当然だけど、そこの倫理的問題を問うても仕方ないと思うんだよね。

 あと、前回の記事を書くとき脇に置いてた本があるんですよ。『悪魔のミカタ〈5〉グレイテストオリオン』なんですけど、その中から印象的な一節を引用すると……(ネタバレ注意で)

ボクシングを甘く見るな、と俺は舞原妹に言った。だが、実際に甘く見ていたのはどっちだ? コウを見ろ。あの足腰を。あのサウスポースタイルを。あの動き――あれが、甘く見ていた人間の動きか? そもそも素人がボクサーに戦いを挑んだ時点で、気が付くべきだったんだ。その断固たる決意(デターミネーション)に

 といった具合。主人公のコウはボクサーの高虎と決闘するに際し、ボクシングと対戦相手を徹底的に研究し、有利な状況を用意した上で、高虎専用のファイティングスタイルを身に付けて臨むんですね。これがリスペクトでしょう。ボクサーをリスペクトすることはボクサーを知ることだけど、ボクサーになることではない。実際、後にコウはボクシングにこだわることなく利用して敵を倒します。2chをリスペクトするのは2chコミュニティに属することとは違う。というのが、次に関わってくる話でありまして。

FLASH付きCDの可能性

 空耳FLASH付きCDを売って、そこからキャラクターグッズ展開もする、というビジネスモデル自体は、2chに頼らなくても成立するんだよね。ぶっちゃけ、次からはモナー以外のキャラ作ればいいんだし。 あー、そういえば。もちろんそうです。コンテンツホルダーに囲い込まれたFLASH作家が新規の作品を発表するのであれば何の問題もないと思うし、のまネコにしてももっとわたさんという作家を前面に出していけば反応は違ったでしょう。とはいえ、既存のFLASHコミュニティから売れそうな作品だけを一本釣りして、バックグラウンドから切り離して売り出したらコミュニティの未来はないでしょうね。そして、少数精鋭のプロ作家だけで空耳FLASHの命脈が繋がるかというと、明らかに無理でしょう。感情的に許せないとかいう話ではない。
 理想的には、現在の商業コミックと同人誌のような緩やかな黙認関係がいいと思う。データの無断配布の問題を考えるとデスノコラのほうが近いのか。放っておけばコンテンツが育つんだから、それをマスにリーチさせる分の投資と収益だけ受け持てばいいんじゃないかと思う。


[プログラム]Amazonプラグインをほんのちょっと改造

 ハック! 言ってやった! ハックは怖くない!
 つって、amazonに画像がないときに代わりに取ってくるNoImage画像のURLを差し替えただけですがー。他の書影とサイズ合わせてみた。本当は表示サイズ指定させたいんだけど、元画像のサイズがまちまちだから難しい。オプションで何パターンか用意して指定させるようにすればいいのか……。うう、perl怖い。

※スパム対策のためコメント欄を取り外しています

きゃっと・ふぃすと