トップ 差分 一覧 Farm ソース 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Diary/2005-12-08

[エロゲー]デモンベインのアニメ化の話だが

 鋼屋さんとこで最近不穏な話がちょこちょこ。デモベのレビューでも書いたけど、俺はデモベに対しては「アニメで作られるべき、しかしエロゲからしか生まれえぬ作品」というような認識をしている。デモベスタッフに、というかデモベという作品自体にアニメ化への志向性があることは理解しつつも、いやそれはやめといたほうがいんじゃね、みたいな、そんな感じ。

 そういやファントムのOVA見てねっす。

[雑談]アイドルはいつまでアイドルでいられるか

 そもそも昨日付けのアイマスネタに火がついたのは玄倉川の岸辺:松田聖子は凄いを読んでのことであった。確かに松田聖子はすごい。結婚・出産を経験してなお「アイドル」以上に適切な形容がない。

 松田聖子が40過ぎてまだアイドルぶっていられるのは自らをアイドルとして規定する強力なコントロールの産物に他ならない。聖子ちゃんが「民主主義的なアイドル」だとすれば、大衆が聖子ちゃんをアイドルと認めなければ彼女はアイドルで居続けられない理屈だが、聖子ちゃんは大衆を納得させる力を持ってる。

 モモーイはどうだろう。40過ぎてアイドルぶっていられるのだろうか。モモーイがそこらのアイドルなんぞ足元にも及ばない自己プロデュース力を持っていることは疑いない。それは曲が書けるだの企画が打てるだの時勢が読めるだのという些細な話ではなく、自分の「偶像」を客観的に見詰め、これをコントロールしようとする意志力、あるいはセンスだ。モモーイにはそれがある。なら、「永遠のアイドル」になれるのだろうか。

 率直に言って分からない。俺はモモーイに対して敬服の気持ちは持っていてもファンではないし。ただ、モモーイは自身のアイドルたることにさしたる執着を持っていないようにも見える。そのあたりがまた彼女のアクティブな活動に繋がっているようでもある。彼女にはアイドルとしての自律を止めた瞬間にライターなりプロデューサーなりシンガーソングライターなりに変身してしまいそうな印象があって、イマイチ私がおばさんになっても〜というのは想像しにくい。

 そういえば、さっきえらい久しぶりにhttp://www.momoi.com/行ったら真っ白くなっててぶったまげたよ。いつからだこれ。Webに日記とか書いてるのはいまどき珍しくもないけど、こうもHTML直打ちがあからさまだとさすがに……何か感じ入るものがあるな。

[特撮]次期ライダー

 リンクは2chにしておく。
 で、いきなり主題歌に絶望。うおおおおおおおおおおい。なんつか、いい度胸してんな。いやこれ文字通りの意味で。

 :

 そして関係ない響鬼の話を書くが。

 正直、29話以前の響鬼も、殺陣には不満タラタラだった。CGはよせよ、と思った。格闘戦をしろよと。
 が、ハタと気付いたのだが、格闘戦にはそれはそれで問題あるんだよね。というのは、『響鬼』における鬼たちの戦いが命がけのルーチンワークであることは前にも書いたんだが、格闘戦が入ると、なんか相手が意思の通じる敵っぽくなってしまって、「狩り」とか「処理」にならない。歴代ライダーの怪人退治は間違ってもルーチンワークではないわけで。そうすると戦いそのものが終わらない非日常になってしまう。それはテーマとそぐわない。だから、着ぐるみ怪人を本格的に出すときには「増殖」というテーマをついでにつけた。これだとかなり理解不能度うpする。それでいて魔化魍は悪じゃないんだよね……って、それはあんま関係ない。
 ぶっちゃけ、ライダー同士が相争ってきたここのところのライダーへのアンチテーゼの意味合いはあったはずなのだ。宇宙の果てからやってきた(ついでにバカでかい)ウルトラマンと違って、今日も僕らの知らないどこかで戦ってるのが仮面ライダーなんだ。だからライダーの戦いは「祭り」的性質のあるものではいけない。……あー、そこいくと劇場版はこう、なんというか。

 なんか意外にこってりしてきたから、あとでネタ元を明示して書き直すことにする。

※スパム対策のためコメント欄を取り外しています

きゃっと・ふぃすと